美容院の美人な人がワキガと知ってショック!!

体臭を消す方法ガイド

美容院の美人な人がワキガと知ってショック!!

読了までの目安時間:約 5分

体臭を消す方法ガイド (28)

「この近くに新しい美容室できたの知ってた?」

 

偶然一緒になった社食で、課長が僕に話しかけてきました。

 

 

 

「へえ~、課長って美容室行ってるんですね」

 

 

 

(心の中では「無理してるなあ」と笑ってましたが)

 

 

 

驚いたフリをしてました。

 

 

 

「値段、安かったなあ。それと、美人のスタッフがいてさあ。」

 

 

 

課長の話の最後の「美人」という部分だけが耳に残りました。

 

 

 

それから一週間後の事です

 

「営業なんだから、少しは格好にも気を配れよ」

 

 

 

という上司の言葉で、課長に聞いたその美容室を思い出したのです。

 

 

 

はじめて行く美容室だと勝手が分からなくて、どこか借りてきた猫のようになってしまうのですが、ここでもやはりそうでした。

 

 

 

店内の人と目を合わせないようにしてうつむき加減のままシャンプー台に案内されました。

 

 

 

いったいどんな人がシャンプーしているのか分からないのですが、すぐ近くから強いワキガ臭がしてきます

 

あまりのワキガ臭に、「ん?」と思って顔の上に置かれたタオルの隙間からのぞくと、シャンプーしてくれてる女性スタッフが見えます。

 

 

 

(すごい美人!課長が言ってた美人って彼女?)

 

 

 

そう思いながらも、一方では強烈なワキガ臭で目が眩みそうです。

 

 

 

匂いに敏感な僕は、彼女の腕が動くたびにワキガ臭が肺まで入ってきて、どんどん苦しくなりました。

 

 

 

もう美人だということはどうでもいい、というか、あまりのワキガ臭にそんな事はすっかり忘れてました。

 

 

 

(たまんないなあ)

 

 

 

僕は、ちょっとカットにこだわりがあるようなふりをして店長にカットしてもらいました

 

それでも彼女が美容室のなかにいるだけで、僕はずっとワキガに苦しめられました。

 

 

 

なんとかワキガ臭を我慢しようとしたのですが、どうしても気分悪くなった僕は店長に、

 

 

 

「彼女、ちょっとワキガ臭くないです?」

 

 

 

と教えてあげたのですが、もう何人かのお客さんからも苦情があったらしく、

 

 

 

「困ってるんですよ。真面目な子なんで、首にするにも理由が理由でしょ?」

 

 

 

と、平謝りでした。(これじゃあ、商売あがったりだろうな)

 

 

 

可哀想だけど、サービス業であのワキガ臭はない。

 

 

 

どんなに美人でも、カットの間中、彼女のワキガ臭を我慢しなければならないなんて、僕には無理だと思います。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

ワキガについて


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る