汗臭い営業の人が来て困った話

体臭を消す方法ガイド

汗臭い営業の人が来て困った話

読了までの目安時間:約 4分

体臭を消す方法ガイド (35)

私が今通っている学校までは、電車で片道1時間半の距離です

 

新学期が始まってしばらくは我慢していたのですが、さすがにこの距離は無理。

 

 

 

ついに引越しを決意しました。

 

 

 

夏休みの期間中に引っ越ししようと、最近は不動産屋まわりの日々を送っていました。

 

 

 

昨日のことです

 

ある不動産屋で気に入った物件が三件も見つかったので大喜びで、さっそく営業の人に現地を案内してもらう事になりました。

 

 

 

私よりも4~5歳くらい年上の彼は、仕草がかわいらしくて感じの男性だったので、最初はなんとなく気分がよかったのです。

 

 

 

でも、彼の車に同乗した瞬間鼻をつくような汗の臭いに襲われて、私はすぐに気持ちが悪くなってしまいました。

 

 

 

車の中には、彼の身体から出る汗の臭いと、車に染みついた汗の臭いが混じり合って、なんとも言えない汗の臭いが立ち込めているのです。

 

 

 

運転してる営業の人は、一所懸命物件の説明してくれるのですが、ずっとハンカチで汗を拭いていました。

 

 

 

思わず、最近TVでやってる消臭剤で夫や子供たちが汗まみれの身体で部屋を歩き回るCMを思い出してしまいました。

 

 

 

車の中が彼の汗と臭いでべたべたしているような想像までしてしまいました。

 

 

 

「暑いので少しエアコン強くしてもらえますか?」と言うと

 

申し訳なさそうに汗を拭きながら、エアコンの温度を下げてくれたようでした。

 

 

 

でも、そんなことで車の中に充満した汗の臭いが消えるわけがありません。

 

 

 

主人も汗が多い方なので、私は毎日主人に「汗臭い!」と文句を言っているくらいなので、こんな状況我慢ができません。

 

 

 

そう思うと、さっきまでは暑い中、営業の人も大変だからと彼の汗の臭いを我慢していたのですが

 

車まで汗臭くなるなんて、やっぱり本人が清潔じゃないからだと、気分が悪くなってきました。

 

 

 

「すみません。ここで降ろしてもらえますか?」

 

 

 

私は、彼に汗臭くて気分が悪いと伝えて、そこで車を降りてしまいました。

 

 

 

だって、これ以上汗の臭いを嗅いでいたら、本当に吐いてしまいそうだったんです。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

汗の臭い対策


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る