自分がワキガであることを隠すために私がやっていること

体臭を消す方法ガイド

自分がワキガであることを隠すために私がやっていること

読了までの目安時間:約 5分

体臭を消す方法ガイド (45)

私には人には言えないちょっとした秘密があります

 

でも一人だけ、私の母だけが知っている秘密。

 

 

 

それは「ワキガ」。

 

 

 

恥ずかしくって友達にも言ってないのですが、私のワキからは、ほんの少しですがワキガの臭いがしています。

 

 

 

ワキガといっても、眉をひそめるほど酷いわけではないので、この歳になるまで周りの人に気づかれずにやってこれたのです。

 

 

 

母とは子供の頃から一緒にお風呂に入る習慣があったのですが

 

ある時、一緒にシャワーを浴びている時に、「あんた、ちょっとワキが臭わない?」と言われたのです。

 

 

 

それまで母にも秘密にしてきたので(って、母の方はとっくに知っていたのかもしれないけど)、こんなふうに切り出されてびっくりでした。

 

 

 

ワキガの臭いって、ふつうの汗の臭いと違って独特の強い刺激臭があるので普通はすぐに気がつくのですが

 

私のワキガはそこまでキツイ臭いではなかったので、もしかしたら母も今まで気がつかなかったのかもしれません。

 

 

 

その日、はじめて母とワキガ対策の話をしました。

 

 

 

「できるだけシャワーをよくして、脇の下に汗パットつけたり、ちゃんと自分で気をつけてね」今までなんとなく防いできたのですが、やっぱり気をつけるしかないんだと、ちょっと気落ちしてしまいました。

 

 

 

それから数日後のある日

 

お仕事が忙しくバタバタしてたので汗を多めにかいた日。「こんな日に限って!」という私の悲鳴に気づかない会社の同僚たちと、仕事の続きを彼女の家でするという話になってしまったのです。

 

 

 

ひどく汗をかいていたので、ワキガが気になってしかたありませんでした。

 

 

 

せめてシャワーくらいしたかったのですが、もう後に引けません。

 

 

 

覚悟を決めて同僚の家に行ってみると玄関にはお出迎えにきたワンちゃんが一匹、こちらに視線を向けています

 

なんとも嫌や~な予感がしたのですが、私に近づくなり吠え始めたのです。(ワキガの臭い、分かるんだ)最初は気づかなかった同僚も、「あれー? こんな吠えるの珍しいのに」と、私の方を見て笑っています。

 

 

 

しばらくして、なんとかワンちゃんもオトナシクなってくれたのですが、そのワンちゃんはずっと私の近くを離れなくて、どうやらワキガの臭いが気になっているようなのです。

 

 

 

きっと同僚たちも私のワキガに気づいたと思います。

 

 

 

誰もなにも言いませんでしたが、私はもう恥ずかしくて死にそうでした。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

ワキガについて


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る