娘がワキガで悩んでいた時に母である私がしてあげたこと

体臭を消す方法ガイド

娘がワキガで悩んでいた時に母である私がしてあげたこと

読了までの目安時間:約 5分

体臭を消す方法ガイド (209)

私には中学生の娘と小学生の息子がいる

 

夏になると娘の部屋には、ワキガや臭い消しのための何種類ものデオドラントクリームやジェル、スプレーなどが所狭しと並べてある。

 

 

 

外出の度に、娘は集めたクリームやスプレーで、気になる臭いのケアをしては出かけるのだ。

 

 

 

まだ中学生だというのに臭い対策とは忙しいことだ。

 

 

 

そんな程度に思っていた。

 

 

 

「そんなに気になるの?」

 

外出の度にあれこれ準備に時間をかけるので、いつかこんな風に聞いてみようと思っていた。

 

 

 

だがそんなある日、ふとすれ違った娘からワキガの臭いがするのに気がついた。

 

 

 

確かに娘が気にする理由が分かるくらい、ワキガの臭いがしている。

 

 

 

自分の事ならワキガでも「くっせー!」とでも言って誤魔化すのだが娘の事となるとそうもいかない

 

一番多感な年頃だから、ワキガ対策にとなるべく気づかないようにお肉以外の野菜を中心にした食事の準備をしてやろうと思った。

 

 

 

ところがお肉が大好きな息子は、「最近、野菜ばっかじゃん」と不満気だ。

 

 

 

それでも息子だけにお肉料理を作ってあげると、今度は娘にワキガの臭いが気になる事を気づかれてしまう。

 

 

 

仕方なく息子の不満は承知の上で栄養バランスのためだと押し通していたのだ

 

ところが三ヶ月くらい経ったある日、夕食の材料を買って帰宅してみると娘が泣いてた。

 

 

 

理由を聞くと、弟にワキガの臭いを指摘されたというのだ。

 

 

 

あれだけ外出の度に気を使っていた娘だ。

 

 

 

弟からワキガの臭いを言われたのだから相当傷ついたに違いない。

 

 

 

私は40歳にもなっているのに、こういう時、母として娘のワキガにどういう言葉をかけてあげればいいか分からなかった。

 

 

 

ワキガの臭いのような自分ではどうにもできない事が一番傷つくのだ

 

傷つけないように臭いの事を隠してしまった為に、余計に娘の気持ちを傷つける結果になってしまったのだ。

 

 

 

もっと軽い気持ちで、インターネットでも見ながら、ワキガの臭いが気になっていた娘と真正面から向き合ってあげるべきだったと思う。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

ワキガについて


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る