アポクリン腺の発達があなたのワキガ臭の原因

体臭を消す方法ガイド

アポクリン腺の発達があなたのワキガ臭の原因

読了までの目安時間:約 4分

体臭を消す方法ガイド (227)

ワキガ(わきが)であることが恐怖ですらあったと明言したひとと以前接したことがありますが

 

そのひとはワキガ(わきが)を治療が必要な病気だと認識して、早い段階でクリニックでの治療に切り替えたことが功を奏したそうです。

 

 

 

さて、ワキガ(わきが)の原因って、なんだと思いますか?

 

 

 

ワキガ(わきが)の原因、それはアポクリン腺という汗腺の発達です。

 

 

 

ワキガ(わきが)のひとはアポクリン腺という白い汗を出す汗線が発達していて

 

この白い汗が皮膚の菌に分解されることによって、あの強いワキガ(わきが)の臭いになるんですね。

 

 

 

つまり、ワキガ(わきが)の原因なのです。

 

 

 

ワキガ(わきが)に悩んだ時期を持つ前述の知人は、形成外科でアポクリン腺を切除したといいます。

 

 

 

ひとにより効果の違いが実はあるそうですが

 

(アポクリン腺を切除するだけではダメ、という説があるので)、ワキガ(わきが)の原因になっているとされているだけあって、アポクリン腺の切除は劇的にワキガ(わきが)の臭いをなくしてくれたそうです。

 

 

 

形成外科などで「ワキガ(わきが)治療」と掲げている治療法の多くは、このアポクリン腺の切除術。

 

 

 

じゃあなぜこんな厄介者のアポクリン腺が人間の体にあるのか?

 

というと…実は太古の昔、アポクリン腺は異性を惹き付けるためのフェロモンの役割を果たしていたのです。

 

 

 

今の世の中で当然そんな悪臭はむしろ厄介の元。

 

 

 

時代が変わるということは、こんなところにも表れているのかもしれません

 

 

 

(人間が猿だった時代のお話なので、相当な時代の移り変わりを挟んでますが)。

 

 

 

フェロモンやセックスアピールという概念も、太古の昔とはまったく変わっていることがよくわかりますよね。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

ワキガについて


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る