自分のワキガ体質って本当に悩みますよね?

体臭を消す方法ガイド

自分のワキガ体質って本当に悩みますよね?

読了までの目安時間:約 3分

体臭を消す方法ガイド (390)

自分のワキガ体質って本当に悩みますよね?

生き物として生きている以上、なんらかの臭いがあるのは当たり前のことなのですが、体臭というとあまり気持ちの良いものではありません(フェチなどという人たちも世の中にはいるようですが…笑)。

 

特に女性はエチケットに敏感なこともあり、汗をかいても匂わない、などというキャッチコピーの商品が非常によく売れたりと、気を遣っている人が非常に多いと思います。

 

 

対して男性は、無頓着、とまでは言いませんが(特に最近は、エチケットに非常に気を遣う男性も増えているので)、女性ほどケア用品がたくさん発売されているわけでもないため、気を抜きがちになってしまうもの。

 

ただ、ワキガ(わきが)のような、病院での治療も必要とするくらいにケア用品でも抑えられない臭いは、実は男性の方が多いのです。

 

 

これは、女性と男性の体の構造が違うことがあるのですが、ワキガ(わきが)の男性ほど、あまり頓着しなかったりする、というより、ワキガ(わきが)であるということに気づかない傾向もあるので、家族や身近な人が、ワキガ(わきが)に対してのアドバイスをして、治療を促すことも必要かもしれません。

 

 

体質なので、あまり嫌な顔はしたくないとは思いつつ、特に暑くなってくるとワキガ(わきが)の人の場合は、臭いが格段に酷くなります。

 

体質的な部分に加えて、ワキガ(わきが)の人に多い傾向は、食生活が肉食中心で、お酒も好きだったり、また、サッとシャワーで済ませてしまいよく湯船に浸からない、お風呂を頓着しがちな生活のことが多いです。

 

 

ワキガ(わきが)の改善のしようもないどころか、悪化させる生活なわけですね。

 

ワキガ(わきが)であることを自覚することからスタートしなくちゃいけないのは、生活そのものの乱れを自覚してもらう、という部分もあります。

 

たかがワキガ(わきが)、されどワキガ(わきが)。生活の見直しとエチケット。たいせつな習慣です。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

体臭etc


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る