現代人を悩ませる加齢臭の2つの原因とは?

体臭を消す方法ガイド

現代人を悩ませる加齢臭の2つの原因とは?

読了までの目安時間:約 7分

体臭を消す方法ガイド (305)

加齢臭の原因は大きく分けると二つあります

 

一つ目は年齢を重ねるごとによる体質の変化です。

 

 

 

40歳を過ぎたあたりから、ある酸が増加していきます。

 

 

 

この酸の正体は、脂肪酸です。

 

 

 

この脂肪酸は、40歳以前の人には殆どありません。

 

 

 

年齢を重ねていけばいくほどに酸化を抑える力が弱まっていくため、脂肪酸が酸化されていきます。

 

 

 

それがトリガーとなって、発生するのがノネオールと言う物質です。

 

 

 

これこそが、加齢臭の原因と言われています。

 

 

 

ノネオールには、性別の違いがあります。

 

 

 

男性ホルモンは、脂肪の分泌を促します。

 

 

 

逆に女性の場合は男性に比べノネオールは少ないとされていますが、それでも加齢臭で悩まされています

 

なお、臭いの根源は、溜まった過酸化脂質なので、ノネオールをきれいさっぱり無くしところで、加齢臭が消えると言う意味ではないのです。

 

 

 

それじゃあ、どうすれば良いのかと悪習慣を絶つということになります。

 

 

 

二つ目になりますが、飲食を中心とした生活習慣の乱立です

 

日本人は加齢臭が本当にないと言うことで有名です。

 

 

 

というのも。習慣として欧米人に比べ、日本人は和食を食べてきましたので、低脂肪、高繊維質、と植物性のものを食べていた時代があります。

 

 

 

しかし、時代は欧米化社会で、高タンパクで、高脂肪、そして肉です。

 

 

 

後は、乳製品などと言った、動物性脂質の食生活に一変し加齢主(体臭)が発生しやすい、環境を作り上げてしまったということです

 

肉ばかり食べていても、若くても臭くなります。

 

 

 

後、40代以降であれば、原因としてあげられるのは、日々のストレスとも関係があります。

 

 

 

人間は、ストレスを感じると活性酸素が体内で増えます。

 

 

 

これが量産されるとノネオールが作られ加齢臭となります。

 

 

 

他には、お酒、煙草も加齢臭の原因とも考えられます。

 

 

 

特に煙草を吸うと、活性酸素が増えていきますのでノネオールを作る原因となります

 

加齢臭の対策としては、食生活や普段の生活をみなおすことになります。

 

 

 

肉やお酒、煙草が日々の生活にありながら、しかも好きでもない仕事をやるので、ストレスが溜まっていきます。

 

 

 

このような日々を過ごすと、コレステロールが増加して、生活習慣病になりやすいです。

 

 

 

こう言う生活を続けるとノネオールが増えます

 

生活習慣病予防のために、していることが、実は、加齢臭対策にも繋がっています。

 

 

 

実際に、加齢臭を消したいと言う方は多いです。

 

 

 

実際、お肉が好きで、お酒を飲む。

 

 

 

煙草も吸うと言ったかたは、加齢臭はします。

 

 

 

如何に、加齢臭を無くすかがポイントとなってきます。

 

 

 

それは、毎日洗うことです。

 

 

 

加齢臭専用の石鹸が販売されています。

 

 

 

なお、生活習慣病の見直しも必要です。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

加齢臭対策をしよう


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る