重曹を使った足のニオイケア

体臭を消す方法ガイド

重曹を使った足のニオイケア

読了までの目安時間:約 3分

体臭を消す方法ガイド (332)

靴は、すぐに臭ってしまいます

 

というのも、足は、多量の汗をかくからです。

 

 

 

足から出た汗を吸い込んだ靴は、細菌が繁殖してしまいます。

 

 

 

この細菌は、足にも付いて、足でも細菌がどんどん繁殖していき、きついニオイをさせてしまうのです。

 

 

 

靴の中は、温度が非常に高いのも、足が臭う原因です。

 

 

 

足のニオイを防ぐためにはまず、靴のニオイを抑える必要があります

 

靴の中が細菌だらけで臭っていては、足にも細菌が繁殖し、ニオイの発生源となるからです。

 

 

 

そこで、靴のニオイを抑えるためには、重曹を使いましょう。

 

 

 

重曹をお茶パックや要らなくなったストッキングなどに入れます。

 

 

量は、大さじ4杯程度で、両足分なので2個作ります。

 

 

 

それを、靴を履いた後に靴の中に入れておきます。

 

 

 

すると、靴の中のニオイを消してくれます。

 

 

 

重曹には、消臭効果があるからです。

 

 

 

その消臭効果は高く、足以外にも体臭全般に使えます。

 

 

 

もし靴のニオイが取れないようでしたら、重曹の量を増やしましょう

 

しかも、重曹が靴の中の湿気も吸い取ってくれるので、靴の中がすっきりします。

 

 

 

このように、靴を使い終わったら重曹を靴の中に入れるようにしましょう。

 

 

 

靴の中のニオイや湿気が改善され、足が臭いにくくなります。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

足の臭い


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る