食生活の見直しが加齢臭対策に効果的なワケ

体臭を消す方法ガイド

食生活の見直しが加齢臭対策に効果的なワケ

読了までの目安時間:約 5分

体臭を消す方法ガイド (341)

加齢臭のもととなっているのがノネナールという物質です

 

これは、40歳を過ぎた辺りから発生します。

 

 

 

ノネナールの臭いのもとは、身体が老化することによって、血管の中に溜まるコレステロールなどの老化物質です。

 

 

 

皮脂腺には、バルミトオレイン酸という老化物質が溜まっています。

 

 

 

これが、酸化、分解することによって、色々な皮脂腺が出来て、その一種をノネナールと呼んでいます。

 

 

 

このノネナールという物質は若者の中には殆ど存在していないのが事実です

 

中高年特有の加齢臭の発生源が、皮脂腺の中に溜まる過酸化物質なので、ノネナールを消しても大元である過酸化物質を消さない限り、加齢臭を消すことは出来ないのです。

 

 

 

この過酸化物質を活性化させているのが、高タンパク、高脂肪の食事です。

 

 

 

つまり、肉類や乳製品のことです

 

若いからと言って油断はできません。

 

 

 

今から、魚や野菜を中心とした和食に食生活を改善しないと、加齢臭予備軍となってしまいます。

 

 

 

ただし、これは男性だけの問題ではありません。

 

 

 

男性のが皮脂の分泌量が多いために、加齢臭を感じることが多くなるだけです。

 

 

 

最近では、若い女性が女性ホルモンのバランスを崩して加齢臭を発生させることが判明しています

 

加齢臭のもととなる、ノネナールを発生させる過酸化物質を取り除いてやることが加齢臭予防の早道と言えます。

 

 

 

過酸化物質を減らすには、脂質の酸化を防ぐことです。

 

 

 

すなわち、動物性脂肪を摂り過ぎないようにすることと、活性酸素を体内で出来る限り発生させないようにすることです。

 

 

 

この活性酸素を発生させる原因はお酒です

 

また、煙草やストレスもその原因のひとつです。

 

 

 

また、年齢を重ねると活性酸素を除去する物質が体内で不足します。

 

 

 

なので、緑黄色野菜を積極的に体内に取り込むようにしましょう。

 

 

 

活性酸素対策は免疫力の向上にもつながります。

 

 

 

また、腸内の環境を整えることも大事です。

 

 

 

食物繊維をしっかりと食べましょう

 

きちんとした食生活を心掛けることからが、加齢臭からの脱出が出来ると言うものです。

 

 

 

以上をまとめますと、動物性たんぱく質や、動物性脂肪を減らす。

 

 

 

緑黄色野菜をたくさん摂取する。

 

 

 

ストレスを溜めない。

 

 

 

刺激的強い香辛料や、お酒煙草を控えるとなります。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

加齢臭対策をしよう


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る