ノネナール対策が本当に効果的な加齢臭対策

体臭を消す方法ガイド

ノネナール対策が本当に効果的な加齢臭対策

読了までの目安時間:約 5分

体臭を消す方法ガイド (340)

加齢臭というのは油の腐ったような臭いや古い本の臭いなどに例えられています

 

加齢臭は、一般的に中高年男性の臭いと思われがちですが、実は若い女性でも、女性ホルモンのバランスを崩して、加齢臭を発生させています。

 

 

 

加齢臭の原因はノネナールという物質から臭っています。

 

 

 

この物質が皮脂の酸化、分解によって、加齢臭が発生します。

 

 

 

人体は、皮膚の潤いを保ったり細菌が皮膚から浸入してくるのを防いだりします

 

外界の刺激から皮膚を守ったりするために、皮脂腺から皮脂を出します。

 

 

 

この皮脂を汗腺から出てくる汗と混ざり合って、皮脂膜を形成することによって、保湿機能や、バリア機能を発揮する訳です。

 

 

 

このように、皮脂には大切な働きがあるのですが年齢を重ねると皮脂の中に、若い人には殆どなかった脂肪酸が増加します

 

また、年齢が上がれば上がるほど活性酸素の働きを抑制する力が弱まりますので、過酸化脂質(活性酸素により酸化した脂肪)が増えることが判明しています。

 

 

 

中高年は若い人に比べて、脂肪酸の酸化分解が進みやすいのです。

 

 

 

加齢臭のもととなるノネナールの大元は、脂肪酸です。

 

 

 

脂肪酸は、皮脂腺の活動を促すのが、男性ホルモンです。

 

 

 

また、体内を酸化させる活性酸素の働きを抑える力の衰えも影響します。

 

 

 

年齢とともに、加齢臭が発生しやすくなるのは仕方のないことです。

 

 

 

しかし、加齢臭は食生活や生活習慣とも深く繋がっています

 

それを改善することによって、ある程度、加齢臭の臭いも抑えることが出来るのです。

 

 

 

食生活の乱れ、不摂生を見直すことが重要です。

 

 

 

偏食や不摂生を続けると、血管の中に、コレステロールが溜まります。

 

 

 

動物性脂肪の過剰摂取は、脂肪酸の分泌を高めます。

 

 

 

それによって、ノネナールの量も増えます。

 

 

 

ストレスを溜めないようにする。ストレスを感じると、体内の活性酸素が増加します。

 

そうすると皮脂の酸化が進みやすくなるので過酸化物質が増えて、ノネナールも増えます

 

対策として、急場しのぎならぬれタオルでふく。次に加齢臭対策専用の石鹸やボディーソープで洗う。

 

 

 

食生活飲み直し。

 

 

 

加齢臭のもとは脂肪酸です。

 

 

 

なので肉類の過剰摂取を控えて、ビタミンCや、魚介類、海藻類、季節の野菜、抗酸化作用のある食品で、加齢臭を抑制することが出来ます。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

加齢臭対策をしよう


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る