クラスメイトに臭いと言われた思い出

体臭を消す方法ガイド

クラスメイトに臭いと言われた思い出

読了までの目安時間:約 3分

体臭を消す方法ガイド (356)

自分の体臭が臭いことに気付いたのは中学生のころでした

 

中学生のころまで私は自分の体臭が臭いことを知りませんでした。

 

 

 

思春期のころの私の心を傷つけたのはクラスメイトの一言です。

 

 

 

「何かここ臭いよね」といった言葉から次第に私の方を指さして「~さんが臭いんじゃない」と言われました。

 

 

 

私は自分が臭いとは思ってなかったのでその時は反論したのですが、それから自分のワキの臭いなどをチェックするようになって自分が臭いことを自覚し始めました。

 

 

 

もしかすると遺伝的な体質によるものなのかもしれません。

 

 

 

未だに私の体臭は臭いままですから仕事から帰ってくるころにはいくら体臭の臭いに気をつけていてもにおってきてしまいます

 

電車での通勤をしているので帰りの電車はワキをしっかりとしめながらドアのところの手すりを使っています。

 

 

 

つり革はワキを開いてしまい臭いが広がってしまうので使わないようにしています。

 

 

 

体を綺麗にしても臭いが改善しないのでワキガなのだと思っています。

 

 

 

自分がワキガかどうかはよく分からないのですが、この臭いはどうにかしないととは思っています。

 

 

 

ワキガの手術やサプリメントなどちょっと勇気を出していきたいとは思うのですが。

 

 

 

このままだと自分が臭いままかと思うと辛いです。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

臭い対策をッ!


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る